脱毛でニキビ対策ができの?

挙式を控えていたのでケアを開始

私の肌にニキビ跡が目立ってしまっている原因として考えられることが2つあります。

1つ目はニキビができる時期が夏場が多いため、どうしても痒くなってしまいかいてしまうことが多かったからです。

夜寝ている時など自然にかいてしまうこともあったため、ニキビから出た汁が他のところにもついてしまい、きちんと完治できないまま放っておき、また痒くてかいてしまうこともありました。

無意識にかいてしまうため、傷つけてしまったりして炎症を悪化させてしまうことがよくありました。

2つ目は、白い大きなニキビを指で潰して中の膿のようなものを出していたことです。

ニキビは同じ箇所にできやすいのでそれを続けるうちにシミのようになってしまいました。

ニキビケアをやろうと思ったきっかけは、挙式を控えているからです。久しぶりにあった友人に、赤くなったニキビ跡を見てびっくりされました。

自分ではなんとも思わなかったのですが、結婚式で他人が見たらなんと思われるかと不安になり真面目にケアを始めようと思いました。

顔脱毛で繰り返しニキビに対処

1番効果があり手っ取り早いのはレーザーを当てることです。

高いのではないかと思っていましたが、そんなことはありません。

またレーザーの中にはフォトレーザーといって、ニキビ跡以外にもたるみやしわ、毛穴の総合ケアをするものがあります。

しかしこれは、肌細胞を活性化して施術をするため、逆にニキビが出てしまう人も多いそうです。

そのため私が選んだのは、根本的な治療をするためにも『顔脱毛』を選びました。

ニキビは毛穴に汚れが入ってできる種類もあるため、脱毛をしてキメを整えるとニキビケアにもなるし、光を当てることでニキビ跡ケアにもなりました。

またレーザー脱毛をする場合は、保湿をいつも以上にしっかりしないといけないため、乾燥ニキビの対策にもバッチリでした。

明らかに肌の調子が良くなりました

顔脱毛をしてみて、まず顔から出てくる皮脂の量が減りました。

今までは化粧直しは1日3回、脂取り紙も1度に5枚ほど使っていましたがそれらの回数がぐんと減りました。

皮脂の量が減ったために化粧崩れも少なくなり、化粧直しをしない日もあるくらい調子がいいです。

今まで気づいていなかったのですが、肌の調子が良くなった原因は肌の水分状態だと思います。

皮脂は水分不足だと、皮膚を守るためにたくさん出るそうです。脱毛をしたことで、常に保湿に気を配っていたら自然に水分量が多くなり、ニキビ元の皮脂を少なくすることができました。

そしてレーザーを当てることで、明らかにキメが整い、慢性的に炎症が起きて赤くなっていたところが薄くなりました。

他のニキビがない部分の肌と比べると、まだまだですが確実に成果は出ています。

そして赤いニキビ跡より、色素沈着してしまった茶色いニキビ跡の方が効果がよく分かりました。

ページのトップへ戻る