ビタミンC誘導体が効果的!

悔しさでニキビ跡ケアを決意

ニキビができると潰してしまう癖がありました。

ニキビのある顔で人前に出るのと、ニキビの潰した跡がある顔で人前に出るのを天秤にかけてみた結果、では後者を選んでしまっていました。

ニキビを潰していくうちにニキビの跡が残るようになりました。

不思議な物でニキビの跡にはニキビはできにくいので自分としては、この状況を喜んでいました。

ある日、友達が絆創膏を顔に貼って学校に登校してきました。

何故?と友達に尋ねるとニキビができたから薬を塗って絆創膏を貼ってきたというのでした。

この会話の間、私たちは妙な空気に包まれました。

友達は明らかに私の顔を見て、特にニキビの跡を見て話をしていました。

わたしは怒りとともにコンチクショーという思いが湧いてきて、見返してやるニキビの跡を直して見返してやると思いニキビ跡ケアを始めました。

評判の良かったビタミンC誘導体を試してみた

ニキビの治療法の本を何冊か読んでコレだと思ったのがビタミンC誘導体でした。

従来のアクネ菌対策ではなくビタミンC誘導体を使った療法を選んだのは、ビタミンC誘導体を治療に使った実際の患者さんの治療例が良かったからです。

私と同じようなニキビ跡でも綺麗に治っているのを見て感動しました。

今までアクネ菌対策のローションを使っていても何も効果がありませんでした。

ニキビやニキビ跡は治らないと思っていた頃でしたので、わらにもすがる思いでビタミンC誘導体に手をつけました。

ビタミンC誘導体を選んだ理由に新しいからというのもあります。

新しければ何でも良いという考えが私にはあるので、流行に乗ろうという気持ちが無かった訳ではありません。

考え過ぎずに試してみることも大事

ビタミンC誘導体のローションを使い出して3ヶ月ぐらいから効果が出始めました。

まず、ニキビができにくくなりました。そして、ニキビ跡のでこぼこがなめらかになり始めました。

今までのアクネ菌対策のローションは私には全く効果が無いということが分りました。

流行の物は何にでも手をだしてみた方が良いと感じました。言葉を換えれば自分に合う治療法は色々試さないと分らないということです。

しかし、ニキビはできますしニキビ跡は完全には治りません。ビタミンC誘導体だけではどうにもならない領域があるのは確かです。

一番改善しなければいけないと思ったのは睡眠です。質の良い睡眠をたっぷりとると肌の状態も良くなります。

睡眠の質が悪かったり十分でなかったりするとニキビができてしまいニキビ跡も綺麗になりません。

ページのトップへ戻る